原稿「教団改革とは教会形成である」を提出

2020年1月号掲載予定の原稿です。
この原稿は過去のブログ記事「定義していこうと思う」の第二陣として書きました。また、本稿の主張を具現化するために聖書解釈と黙想のための「BMonTwitter」を、そして、教会について考えあうための「林檎の木会議」を提案しています。教会ホームページでご覧いただけます。

また、「教会建設を考える、その視点」「ナグネ宣教師への一つの応答」もお読みください。


教団改革とは教会形成である

公同教会とローカリティー(固有性)
ーさらなる歩みを願ってー

『瀕死の男が私たちの宿屋に運ばれてきました。傷は致命的と思われましが、運んできたあの御仁が夜通し介抱したので一命を取りとめたのでした。けれども、まだしばらくは安静と手当が必要なことは明らかでした。するとあの御仁は銀貨2枚を取り出し、私たちの主人に『この人を介抱してください。費用がもっとかかったら、帰りがけに払います。』と言って、その人を預けて旅を続けたのでした。
話を聞いてみると、この人は追いはぎに襲われて半殺しの目にあい道端に投げ捨てられていたのだそうです。良くあることで、誰も彼の運命に抗うことなどできません。二人の立派な紳士が通りかかったそうです。けれども、反対側を通って足早に去って行きました。私たちがその時そこに居合わせたとしても同じこと、誰も彼に寄り添う人はいません。ところがあの御仁は身にふりかかるであろう危険を顧みず、この男に近づき、彼の運命に抗って寄り添い、手当てを施し、自分のろばに乗せて宿屋まで運んで来たのでした。
そんなこんなで、私たちの主人があの御仁から介抱のなお必要なこの人を引き受けたので、この宿屋では、有り難いことに、ユダヤ人もサマリア人も身を寄せており、あの御仁の後押しによって自分たちの運命に抗って、皆が快癒へと身を向けることになったというわけです。』

宿屋である教会を思いつつ

お察しのように、これは良きサマリア人の譬(ルカ10章25ー37節)です。不十分ですがあえて宿屋の奉公人(仮定)による回想として語り直してみました。個人的な解釈、つまり聖書に聞きつつ辿ることをゆるされてきた私なりの読みが反映しています。共感して下さる方もおられれるでしょうし、自分なら違う風に語りなおすと仰る方もおられましょう。良くも悪くも個性的ですが、譬本体から遠く離れてはいないと思います。皆さんも良きサマリア人の譬話を語りなおしてみてください。持ち寄って分かち合うことができれば、きっと思いがけない発見をし、譬の語り拓くところが身近なものとなり、共有されることでしょう。
私は宿屋の奉公人の回想という仕方で語りなおしてみましたが、そうしたのは宿屋は私たち教会を指していると思わされたからです。そして、およそ人は言わばあの瀕死の男であり、通り過ぎて行った二人の紳士でもあり、宿屋の奉公人でもあり、愛において深く傷ついている人間です。ただ、あの瀕死の男のように私たちはあの御仁の尽力によって宿屋へと案内され、あるいは宿屋の奉公人のように宿屋の主人と共にあの御仁から瀕死の男を紹介されて互いに隣人となり、互いの運命に抗って、忍耐という賜物を与えられて、喜ばしく、新しい朝を待つようにと導かれているのではないかと思います。

私たちの宿屋で交わされている信仰の言葉

私たちは次のように讃美告白します。「主イエス・キリストによりて啓示せられ、聖書において証せらるる唯一の神は、父・子・聖霊なる、三位一体の神にていましたまふ。御子は我ら罪人の救ひのために人と成り、十字架にかかり、ひとたび己を全き犠牲として神にささげ、我らの贖ひとなりたまへり。
神は恵みをもて我らを選び、ただキリストを信ずる信仰により、我らの罪を赦して義としたまふ。この変らざる恵みのうちに、聖霊は我らを潔めて義の果を結ばしめ、その御業を成就したまふ。」
三位一体の神がほめ称えられます。公同の信仰と言えば良いでしょうか。そして、その救いの経綸に注目し、讃美と感謝の言葉が連なります。
ここには日本基督教団信仰告白の固有性(ローカリティー)が垣間見られます。『この変らざる恵みのうちに』という文言に導かれている最後のフレーズに注目してください。「罪の赦し」すなわち「義認と聖化」という救済の奥義が、聖霊による聖化(聖潔)にまで至って表現されています。故北森嘉藏先生からうかがったのですが、これは信仰告白制定作業に尽力している折に、旧メソジスト教会の流れにある先生方との協議折衝を経て得られたものだそうです。
メソジスト教会が大切にしてきた聖化が謳われています。同時に、『この変わらざる恵みのうちに』との文言によって宗教改革的福音理解が明確に自覚されています。これは日本基督教団信仰告白の芳醇で素晴らしいところだと思います。私はメシジストの流れを汲む、その中でもどちらかと言うとアルミニウス色の濃い伝道的(エヴァンジェルカル)な教派で信仰に導かれ、その固有性に培われ、敬意を抱きながらもそこから離れて教団に転入したのですが、そのように強く思わされています。それを公同性に結ばれた固有性(ローカリティー)と表現することができるかと思います。

かつて教団紛争の折に「教団信仰告白は作文に過ぎない」という言葉をよく耳にしました。しかし、単なる作文ではありません。旧教派で信仰を培われ、それぞれの固有性を身に帯びた者たちが神への共通の告白と讃美の言葉を紡ぎ出そうとする神学的な取り組みの結晶でありました。
そして、信仰告白が制定されると、日本基督教団は感謝して「公同教会の交わりに入れり」と表明しました。それは、日本基督教団がもはや旧教派の集合団体(あるいは宗教団体法のもとで作られた教団)ではなく文字通りに一つの教会(The United Church of Christ in Japan)であることの実体を備えていく基盤ができたことを意味していました。つまり、「聖なる公同の教会を信ず」(使徒信条)と告白讃美し、「聖なる公同の教会の交わり」の中にある感謝と喜びとともに、そのことを<常により鮮明に>自覚しつつ自家の信仰と職制を整え、神礼拝にあずかり、つまり福音宣教へと遣わされるべきこととなったのであります。そのはずであります。そして、その歩みが積み重ねられることで、日本基督教団という一つの教会が公同の教会に結ばれた固有のあり様(ローカリティー)を培い、世の光、地の塩として福音宣教に力強くあずかることとなるのであります。
しかし、御存知のように1969年に始まった教団紛争によって事態は大きく変わりました。「公同教会の交わりに入れり」との感謝と喜びはかき消され、自家の信仰と職制は風前の灯火となり、上記の意味での固有性(ローカリティー)を見失ってしまうという危機に直面することとなりました。そして、今なおその傷は癒えずに、引きずっているように思われます。

教団改革とは何か

本稿は本紙の昨年8月号に掲載された山口隆康先生の「連合総会を前に」の一文への応答です。その一文を読んで、私は直ちに教会HPの「牧師のブログ」に応答文を載せ、機関紙の編集に携わる広報委員会の皆さんにメールで配信し、読んでいただくようにしました。それは「教団改革は失敗したという認識に立つべきである」とのご主張に共鳴しつつ、山口先生と思いは同じと思いますが、なお継続して教団改革に取り組む道筋を求めたいとの思いからでした。
その中で「定義する」あるいは「定義し続ける」ということを申しました。それは、「教団改革」とは教団を定義し続けるということではないだろうかということです。本稿の言葉で言い直すと合同教会である日本基督教団の固有性(ローカリティー)すなわち生きた体を身に付けていくということです。「聖なる公同の教会の交わり」の中にある感謝と喜びとともに、そのことを<常により鮮明に>自覚しつつ自家の信仰と職制を整えて充実・共有し、神礼拝にあずかり、つまり宣教へと遣わされるということになります。つまり教団改革とは教団という固有の教会を建てていくということに他ならないのであります。そのためになすべきことは山ほどありましょう。
教会連合がそのために祈り、語り合い、取り組むところの交わりであり続けることを願っています。

 

「風邪」の便りです

風邪が長引いていましたが、やっと治りました。脳出血後初めての風邪ひきです。行動範囲が広がっている証拠でもありますが、気管がやられて咳に悩まされました。健常であったかつては風邪を甘くみていたのだと思います。その頃の記憶に頼って対処してしまって…

張田 眞さんの投稿 2019年11月20日水曜日

敬老祝賀会でお披露目する言葉

ご高齢の方々の合言葉をご紹介します。

(教養と教育)

歳をとって必要なものは教養と教育。その心は、今日用事があること(教養)、今日行くところがあること(教育)

(日曜日の礼拝後の挨拶)

来週も礼拝でお会いしましょう。そして、きっといつかは天国の礼拝でね。

(聖書を読む生活)

一日一章、一日十笑

(気合)

今日も喜愛でいきましょう。

 

以上ですが、合言葉を募集中です。

大住学長逝去の知らせに接して

教団紛争を乗り越えて、教団の改革と形成のために長年歩みを共にしてきました。ここ数年はナグネ会世話人会で一緒でした。まことに残念です。

無念な思いとともにこんな思い出があります。2000年代に入って間もない時の教団総会で大住君が自分の考えを文書にして総会議員に配布したことがありました。その文書は「大住差別文書」とレッテルが貼られて、教団政治の場で主導権争いの具とされました。
常議員会でその問題をめぐる「協議会」が開かれることとなり、私は某女性常常議員と、互いに対立する立場を代表して発題者として立てられたのでした。その協議会には詰めかけた多くの傍聴者が録音マイクを私に向けて、差別発言を聞き逃さないぞという構えと雰囲気でした。
その場で私は差別文書だと糾弾する人々の差別的な態度と発言を指摘して、大住文書は差別文書ではないと主張するに止まり、十分に説得的に大住文書の神学的、建徳的な、つまり教会形成的な論点を鮮明にして、教団における議論の方向性を先導することにはなりませんでした。それが無念でなりません。
成果があったとすれば、声高に糾弾していた人々の先頭に立っていると見られていたもう一人の発題者(某女性常議員)が実は中身のないO常議員の操り人形に過ぎないことが暴露されたこと、そして差別発言をネタにして教団政治に圧力をかけようとする流れが少しは抑止されたということでした。
大住君ががその文書の中で問いかけ、主張したことは、よく読めばわかるのですが、差別問題を掲げて(LGBTに関する差別問題ですね)自らの召命を表明するとしたらその召命は召命に値するだろうかということでした。つまり、教団で共有すべき召命感とは何かという問いかけでした。そのことを受け止める素地は反対の立場の人たちには勿論なかったし、私たちの中に十分あったかと言えば心もとないものでした。少なくとも召命とは何かを論じ深めることにはならなかったのでした。今思うと、そのことが心残りなのです。

大住君への感謝とお詫びです。

ディアコニッセ母の家資料館をお訪ねしました

今日は夏期伝道実習に来ている3神学生と関係教会の牧師たちが現在の特別養護老人ホームの先駆けとなり、日本における最初の特別養護老人ホームである十字の園に併設されているディアコニッセ母の家資料館にお伺いして館長の平井前十字の園理事長から、信仰の…

張田 眞さんの投稿 2019年8月15日木曜日

分析美学の方法論に倣ってみたらどうだろう

分析美学について説明する分かりやすい文章をTwitterを通して知り、読むことができました。教会と教会の事柄について深く捉えるために、その手法が役に立ちそうなので、読書レポートのようで申しわけありませんが、ご紹介いたします。

※少しづつ書き足していくことを、ご容赦ください。

続きを読む →

教会建設を考える、その視点

日本キリスト教団の教会に仕える牧師として、全体教会と各個教会の建設のために、総体としての教会論を共有し道筋を共に探求していくためのテーゼが必要であると常々思っていました。ここで言うテーゼとは、種々な議論を結び合せ、かみ合わせるために教会を言い表す言葉のことです。
「正典と信仰告白と職制」あるいはFaith and Orderという言葉で、教会存立の骨格が言い表されています。そして、諸教派は公同教会の交わりに連なっていることを言い表しつつ独自の信仰と職制によって存立しています。

続きを読む →

リハビリの近況報告です

私の身体のことでご心配をおかけしています。実情をお伝えしなければなりませんが思うようにまいりません。失礼を重ねています。おゆるしください。

それで、近況を記しましたのでご覧ください。Facebookに書き込んだものをコピペします。

リハビリの話です。
疲れない歩き方を模索中です。室内では杖を使わずに歩くようになりました。2年前に入院中のこと、ベッドに横になって夢想していたことが実現しています。
外を歩くときには杖は持ちますが、安全のためです。歩く距離がほんの少し伸びました。けれども課題があります。麻痺している左半身を抱えて歩くということは想像以上に疲れます。今は1km歩くのがやっとです。歩き終わってその日は何もできないという時期がありました。少しずつ体力が向上していますが、療法士の方が2kmは歩けるようになりましょう、そうすれば外での行動が拡がります。と言ってくださるのですが、ゴールはまだまだ先です。
そこで、今課題としているのが疲れない歩き方を身につけることです。ポイントは姿勢と正しい足の運び方にありそうですが、その前提になるのが体幹です。体幹を鍛えるための腰回りのストレッチをしています。円盤状の空気マットを使います。
それを始めてから、歩き方は安定し、徐々に緊張せずにリラックスして歩くようになっています。ステップも細かにコントロールすることが可能になりつつあります。先が楽しみです。
焦らずに少しずつ前に進んで行こうと思っています。
18日ー20日、ベテルホームにショートステイをさせていただきます。リハビリをしていただけるのですが、指導してくださる療法士の方がいろいろ工夫を凝らして、プログラムを作ってくださいます。今回は何があるのかなあ。楽しみです。
近況報告のつもりで投稿します。