2月18日の週報四面です

最近はすっかりiPadで聖書を読むようになりました。入院して以来のことです。口語訳聖書は多くありますが新共同訳聖書を読むことのできるアプリは少ないです。それでも、2つのアプリを見つけて使っています。そのうちの一つは、英語のテキストも並べて読むことができるようになっています。また、ドレという方の版画も見ることができます。もう一つのアプリは機械的な朗読ではありますが音声で聞くこともできます。右手しか動かせない私にはありがたいです。旧約聖書のヒブル語や新約聖書のギリシャ語のアプリもあり、簡単な辞書もついています。便利になりました。神学生の時代にiPadがあれば良かったのになあと思ったりもします。

さて、14日の黙想と祈りの会ではマタイによる福音書9章1ー8節を取り上げました。2節にイエス様のもとに運ばれてきた中風の男に「子よ、元気を出しなさい。」と語られたイエスさまのお言葉が記されています。「元気を出しなさい」という語は新約聖書に8回出てきますが、「勇気を出しなさい」という意味とともに、「喜びなさいbe good cheer」「しっかりしなさい」と訳されることもあります。心にとまりました。

牧師の宿題、その答え

2月7日(水)の聖書を読み祈る会ではマタイによる福音書9章9節から13節を取り上げて短く黙想をしました。
この箇所は徴税人であったマタイが主イエスの弟子とされた話です。黙想の後で、分かりにくかったことについて話し合いました。話題になったのは13節のイエスさまのお言葉です。「『わたしが求めるのは憐れみであって、いけにえではない』とはどう言う意味か、行って学びなさい。」とありますが、どこに「行って」学べば良いのか、イエスさまはどこに行くようにとお命じになっておられるのか分からないと言うことでした。
確かに不思議な言葉です。どこにいけば良いのか、放り出されたような思いにもなります。(なお、『』で引用されているのは旧約聖書ホセア書6章6節の言葉です。)
牧師の宿題になりました。調べました。結論から申し上げます。「行って」とは、マタイのように弟子となってイエスさまに伴って行くということのようです。
元の言葉を調べると、マタイに向かって語られた「わたしに従いなさい。」と、「行って」とが対応していることがわかります。
「従う」とはイエスさまと同じ道を辿るという語です。そして「行って」とは「伴って行く」という語です。ですからイエスさまと共に行くことによって学ぶことになると、イエスさまは私たちを招いてくださっていると受け取ることができます。あてもなくどこかに行くということではないですね。
なお、従うはακολουθεωアコルテオー行ってはπορεύομαιポリューオマイです。

続きを読む →

パイロット版を手にして

本日、Facebookに投稿した文章をここに載せます。なお、ハイム・ラビン著「ヘブライ語小史」の紹介を私の個人ブログに少しづつ投稿しています。下記に引用した一節が記載されている章にいたっています。バビロン捕囚が終わった時代までのヘブライ語の消息が取り上げられていました。

「ネヘミヤ記8章8節には、書記官エズラが水門の傍にある広場で律法の書を民の前で読んだ時、『彼らは神の律法の書を翻訳して(メフォラシュmephorash)解説を加え、朗読箇所の[意味を]理解させた』と記されている。『理解させた』とはレビ人たちが人々に与えた説明のことであり、『翻訳して』とは聖書がアラム語に訳されたことを意味している。ちなみに聖書のアラム語訳は「タルグム」と表されている。この翻訳は聖書のヘブライ語を理解することのできなかった帰還したばかりの捕囚民にとって必要なことであった。同時にペルシャ当局への公式声明という目的もあったと思われる。」
これはハイム・ラビンの「ヘブライ語小史」に記されている一節です(簡潔にするために少し省略しています)。なぜご紹介したかというと、北村牧師が聖書協会が新しく出版しようとしている新聖書のパイロット版を届けてくださり、読ませていただいてさまざまな感想を持ったのですが、そのうちの一つのことと関連して記憶にとどめたからです。
聖書は翻訳・解釈・説明と共に伝えられ、その力によって信仰共同体が育成されてきたと言えましょう。それはつまり、信仰共同体における翻訳・解釈・説明の積み重ねが聖書出版にいたるともいえましょう。果たして、私たちの教会に新しい聖書翻訳を生み出す力があったのかどうかが問われているとも言えましょう。後日落ち着いて、雑感をブログに書き込みたいと思っています。まずは北村牧師にお礼を申し上げるとともに、感想の一端をご紹介します。

East21Asiaの起こり

今週、報告書2つが同封された封筒がとどきました。報告書の一つは昨年開催された「第一〇回国際会議」報告ともう一つは同じく昨年開催のセムナン教会主催「第54回アンダーウッド学術講座」参加報告です。東京の教会青年たちの自主団体East21Asiaから送られてきました。

同団体はナグネ宣教師の働きによるソウルのセムナン教会とのつながりと交流のなかから生まれました。10数年前になりますが、同教会のアンダーウッド学術講座に日本から牧師数名と青年数名が招かれて参加しました。牧師は私と現札幌教会の米倉牧師他2名、そして、主題講演者の近藤勝彦東京神学大学教授(当時)も行ってくださいました。主題は「東アジアの平和」だったと思います。このテーマを中心にこの年から3年連続で同学術講座が開催され、日本からの参加者が増えていきました。中国からの参加者もありました。

大変大きな集会でしたが、準備と運営はセムナン教会の青年たちの手によってなされました。もともと青年たちのお祭りのような集会だったのですが、志を高くして国際的な講座に模様替えされたのでした。

この講座に触発されて、私も働きかけて日本の教会青年たちのEast21Asiaがつくられ、青年たちが責任を持って今日まで運営してきました。セムナン教会との交流も続けられています。日本の教会青年は大いに刺激を受け、また、セムナン教会の青年たちに刺激を与えるほどになっています。

続きを読む →

失われた動詞の態「中動態」

古典ギリシャ語(聖書のコイネーギリシャ語も同様ですが)には、動詞に能動態、受動態の他に一般に中動態と呼ばれている態がありました。(英語でmiddle voice)。能動でも受動でもない人間の動作の性格・有りようを表現します。

神学校でギリシャ語に触れ、今日まで聖書を読むために細々と学んできましたが、文法で中動態について納得のいく説明に出会ったことはありませんでした。謎の態でした。能動でも受動でもない、その中間という分けのわからない説明で自分を納得させていたのでした。

ところが、日本の新進気鋭の哲学者がこの中動態に関心を持ち、深く掘り下げて、言語を切り口に、近代の人間の思考や社会のあり方、文化についての「見直し」提言をなさっているのです。昨年世に出たその人の書物を知り、中動態につての関心を喚起させられました。

その本の紹介を少しずつこのブログでさせていただきながら、自分の頭を整理していきたいと考えています。

今のところ、漠然とした予感ですが、聖霊の働きに与る信仰についての表現(聖霊論的表現)を理解するために(聖書解釈に)重要な意味を持つだろうと思っています。ちなみに、今日(1月28日)の礼拝で読んでいただいた聖書の箇所に中動態が用いられていました。

続きを読む →

感謝

今日(28日)の礼拝説教は26分。立ってさせていただきました。退院後、最長でした。ありがたいことでしたが、緊張して足に力が入って疲労がたまり動けなくなるようなことにはなりませんでした。リラックスして余裕がありました。体力、持久力、安定した姿勢と適切なバランスが身に付いてきているのだと思います。感謝です。

聖餐式を執り行うにはもう少し、コンディションが向上しなければならないでしょう。そのようになることを祈り願っています。

ベテル・ホームでショートステイ

 16−18日、三方原の聖隷ベテル・ホームでショートステイをさせていただきました。ケア・マネージャーがショートステイをするならリハビリもしてもらえるベテル・ホームが良いですよとすすめて下さり、利用させていただくことになりました。家内の休養と私のリハビリを兼ねてのことでした。お陰さまで貴重な時間を過ごさせていただきました。

何よりも、所長のご親切な取り計らいで、こってりとリハビリを受けることができました。1日目は、入所した日の午後ですが2時間近く、ストレッチや器具による運動、階段の昇り降り、そして外に出ての歩行鍛錬を受けました。もちろん杖を持っての歩行ですが、傾斜のある道を今までで一番長い距離を歩くこととなりました。ハードでした。途中で脚が動かなくなり垣根のブロックに腰を下ろして休むと言う具合でした。次の日はスケジュールの都合で1時間ほどのリハビリで済みましたが、帰宅する日の朝、脚が筋肉痛になっていました。その他のことでは、私が近くにきているというのでホスピスでの朝礼拝の説教をするようにと依頼されて、急きょさせていただきました。これもリハビリの一環なのかと受け止めました。ありがたいことです。

 ちなみに、ベテル・ホームの「ベテル」は地名で旧約聖書28章に出てきます。「神の家」と言う意味です。ヤコブが石を枕に寝て、夢で天につながる梯子(階段)を天使たちが降り登りするのを見たと書かれています。心細く眠る夜、そこは神の家であったのでした。

「筋肉痛です」と訴えて同情を求めたのですが、医師から「よかったですね」「どんどんやって下さい」との優しい言葉をいただきました。時々、行かせていただくことになります。お許しください。

礼拝の前奏を

教会のホームページで説教を紹介するコーナーがありますが、昨年末から音声で聞いていただくようにしました、

http://mharita.com/s/

同時にその日の礼拝の前奏もお聞きいただけます。良い準備をしてオルガニストの方々が前奏を演奏して下さっています。改めて録音で聴かせていただくと、礼拝へと心を整えるのと同じような思いを与えられます。ぜひ、お聞きになってください。

なお、説教も前奏もマイクロソフト社のSwayというソフトを用いて、他の情報とともにセッティングしていますので、もしかしたら、少し動作が重いかもしれません。ご容赦ください。

2018年は、

個人ブログに書いたことを、ご紹介します。

2018年はという題でささやかな、しかし真剣な希望を書かせていただきました。←ここをクリックしてください。


補足の説明です。

私は脳出血という病になり、左半身麻痺となりました。リハビリのおかげで、杖を支えに少し歩くことができるようになり、退院して牧師館で生活、礼拝の説教もさせていただくようになりました。

しかし、体力の回復が思うようには進まず、また脳の働きも衰えました。(前からだ、という声が聞こえてきますが)正直なところ、実感しています。ことに説教準備が思うようにできません。教会員の皆様の助けが必要です。聖書黙想はその力強い助けとなると、確信しています。宜しくお願いいたします。