マタイによる福音書19章1ー12節

新共同訳聖書です
1イエスはこれらの言葉を語り終えると、ガリラヤを去り、ヨルダン川の向こう側のユダヤ地方に行かれた。
2 大勢の群衆が従った。イエスはそこで人々の病気をいやされた。
3ファリサイ派の人々が近寄り、イエスを試そうとして、「何か理由があれば、夫が妻を離縁することは、律法に適っているでしょうか」と言った。
4イエスはお答えになった。「あなたたちは読んだことがないのか。創造主は初めから人を男と女とにお造りになった。」
5そして、こうも言われた。「それゆえ、人は父母を離れてその妻と結ばれ、二人は一体となる。
6だから、二人はもはや別々ではなく、一体である。従って、神が結び合わせてくださったものを、人は離してはならない。」
7すると、彼らはイエスに言った。「では、なぜモーセは、離縁状を渡して離縁するように命じたのですか。」
8イエスは言われた。「あなたたちの心が頑固なので、モーセは妻を離縁することを許したのであって、初めからそうだったわけではない。
9言っておくが、不法な結婚でもないのに妻を離縁して、他の女を妻にする者は、姦通の罪を犯すことになる。」
10弟子たちは、「夫婦の間柄がそんなものなら、妻を迎えない方がましです」と言った。
11イエスは言われた。「だれもがこの言葉を受け入れるのではなく、恵まれた者だけである。
12結婚できないように生まれついた者、人から結婚できないようにされた者もいるが、天の国のために結婚しない者もいる。これを受け入れることのできる人は受け入れなさい。」


テキストを眺めてみると。
この物語の舞台がどこか、分かりにくいことに気がつきます。「ガリラヤを去り、ヨルダン川の向こう側のユダヤ地方に行かれた」とありますがそこがどの辺りなのか見当がつきません。

ファリサイ派の人たちの試みの射程がはっきりしません。律法の解釈について、イエスをテストをしたということでしょうか。

モーセの「離縁状を渡せ」は申命記24章1、3節にあります。エレミア3章8節も参照してください。

「離縁する」は18章27節の「ゆるす」と同じ言葉です。

5節は創世記2章24節の引用です。