ピーテル・ブリューゲル(1525-1569)の作品「ベツレヘムの人口調査」

この絵は表題がなければ、何を描いているのか全く見当がつきません。画家が住まうフランドル地方の寒村の一風景、質素な人々の日常の暮らしぶりのように思われます。しかし、実は、その見当のつかないというのが、画家の狙いであったと言...