荒野の幕屋とソロモンの神殿

今日の聖書を読み祈る会では、ステファノの演説の続きを読みました。神殿建設に関することが取り上げられていました。資料に荒野の幕屋とソロモンの神殿の想像図と平面図をお借りして載せましたので、ここにそれを転載します。

桜の舞とステファノの言葉

12日の聖書を読み学ぶ会はH姉宅で行いました。桜が綺麗に咲いていました。 使徒言行録7章44-45節を取り上げました。訴えられたステファノが最高法院で語りました。意味深長な言葉で注意深く味わう必要があります。桜の花びらが...

続きを書きました

ハイム・ラビン著「ヘブライ語小史」を少しずつですが、紹介を始めました。その三回目、第3章の紹介を個人ブログに書きました。 続きです・・「ヘブライ語小史」3章の紹介 細に微にいる詳細で多岐にわたる本章の内容部分は紹介できて...

始業講演「雅歌は知恵文学か」

久しぶりに母校の入学式に出席しました。関係者が入学したので、お祝いと、励ますためにまいりました。 恒例の始業講演が小友教授によってなされました。講演題は「雅歌は知恵文学か」。講演者は、知恵文学、ことにコヘレトの研究で知ら...

問うことは問われること

2日の こどもの礼拝 と おとなの分級 はマタイによる福音書27章15-26節でした。その直前11節にこんなやりとりが書かれています。 総督がイエスに、 「お前がユダヤ人の王なのか。」と尋問すると、 イエスは、 「それは...