いま、教会が取り組むべきこと

4月23日(日)に教会総会がありました。そのときに短くお話させていただいたことを少し言葉を加えてご紹介いたします。ちょっと刺激的なことも申し上げています・・・


今年の教会方針は「神の家ー生ける神の教会-」(テモテへの手紙一3章14-15節)です。15節には「神の家とは、真理の柱であり土台である生ける神の教会です」とあります。私たちは教会に招き入れられ、共に福音の真理によって支えられ、生かされています。そして、福音は教会の教えと、信者の交わり(生活)となって証しされます、その教会はこの世界を支える柱であり土台でもあります。

さて、教会の高齢化が教会の存続の危機とともに自覚されつつあります。まことに不信仰なことですが、目に見える限りでは、30年後、40年後には教会は無くなっているいるように思われます。これは一教会のことにとどまりません。

この状況をいろいろと分析し、診断することができましょう。しかし、打開することは容易ではありません。だからと言って、ただ嘆いていてもしかたがありませんし、伝道、伝道と叫んでみてもどうにもなりません。

そのことを頭に入れながら、「いま教会は何をなすべきか」を考え、取り組みたいと思っています。一言で申しますと、「神の家ー生ける神の教会-」はどのよに創られ建てられていくのかをよく知り、私たちがこれにふさわしく仕えるよになるということです。

これは一個教会の課題であると共に、すべての教会の課題でもありますので、分区諸教会と一緒に取り組むことができたらと願っています。

言うまでもないことですが、教会は神(聖霊)によって創られ、建てられています。そして、わたしたちはその神の御業にあずかり、礼拝と賛美をささげて共に信仰の交わりを持たせていたいています。感謝なことです。

ところで、しかし、生ける神の教会がどのように創られるのか、また、その神の働きに私たちはどのようにあずかり、仕えることがゆるされているのかについては、どれだけ心得ているかと問われると心もとないところがありましょう。

ことに、社会のさまざまな変化により、未知なる現実に対面していますからなおさらのことです。

それですから、老人も若い人も、信徒も牧師も、初心者のごとくに学び合い、励まし合って、教会全体が仕えることにおいて成長したい、そう思うのです。

たとえ、教会の教勢が下り坂になっていったとしても、神による教会の形成にあずかり、仕えることにおいては成長したいと思います。そこに教会の将来があるように思われます。