2月18日の週報四面です

最近はすっかりiPadで聖書を読むようになりました。入院して以来のことです。口語訳聖書は多くありますが新共同訳聖書を読むことのできるアプリは少ないです。それでも、2つのアプリを見つけて使っています。そのうちの一つは、英語のテキストも並べて読むことができるようになっています。また、ドレという方の版画も見ることができます。もう一つのアプリは機械的な朗読ではありますが音声で聞くこともできます。右手しか動かせない私にはありがたいです。旧約聖書のヒブル語や新約聖書のギリシャ語のアプリもあり、簡単な辞書もついています。便利になりました。神学生の時代にiPadがあれば良かったのになあと思ったりもします。

さて、14日の黙想と祈りの会ではマタイによる福音書9章1ー8節を取り上げました。2節にイエス様のもとに運ばれてきた中風の男に「子よ、元気を出しなさい。」と語られたイエスさまのお言葉が記されています。「元気を出しなさい」という語は新約聖書に8回出てきますが、「勇気を出しなさい」という意味とともに、「喜びなさいbe good cheer」「しっかりしなさい」と訳されることもあります。心にとまりました。