フライングですが その2

私の所属する日本基督教団東海教区西静分区総会(5月11日)に向けて当日配布するために認めた文章を、フライングですがここに投稿します。これは、分区だけではなく浜松元城教会総会においても同趣旨のことを申し上げようと考えているところのものです。分かりにくい文章ですが寛容な心でお読みください。

なお、フライング そに1もお読みください。

このような呼びかけをさせていただく背景には、教会員の高齢化と教勢の停滞というどこの教会も抱えている厳しい現実を受け止めざるを得ないという状況もあります。そして、今、何をなすべきかということであります。


諸教会の堅立と伝道の継続・推進のために

分区総会議長 張田眞
分区諸教会、また兄弟姉妹の皆様の参画を得て、教会と分区が直面している諸課題を検討し、何をすべきか、何ができるかを研究しつつ、少しずつでも福音の伝道と証しが前進していくように、そのための良き施策を見出したいと願っています。
検討・研究のための手段や為すべきことについての具体的なアイデアが既にあると言うわけではありません。いわばゼロからの出発です。とりあえずは、今総会で議員の皆さまから自由にご意見やご提案をいただき、分区総会議長の責任で何らかの手段を見出し、取り組んでいきたいと考えています。宜しくお願いいたします。
少し先走ることになりますが、何を為すかということに関して私の頭の中に思い浮かんでいることを紹介させていただきたく思います。お許しください。
それは一言で申し上げますと、「教会人」が育まれ、そして「聖なる者の僕として生きる人々」が育ち生まれていく分区を形成していこうということです。そのためには、私自身もそうですが、遣わされている教師がさらに豊かに成長させていただく必要がありましょう。信徒の方々も教会生活を通してさらに恵みに豊かにあずかることを願っておられるにちがいありません。主日礼拝の充実、聖書を読み祈り讃美をささげること、その喜びが分かち合われることが大切です。言うまでもないことですが恵みにあずかって恵みに仕える者は、神の恵みによる良き経験(労苦)を重ねることによって成長することとなりましょう。西静分区は信仰の先輩たちが残してくださった遺産(人を癒し、仕え人を育む諸事業とそこに従事してこられた人々とその経験)があります。何らかのつながりを得て、この地域と諸教会がともに聖なる者の僕として成長して、神によって人の育まれるところとなるようにと願います。
キリスト者が育まれることについて、昔から「霊性の涵養」ということが言われてきました。私の定義ですが、霊性とは聖霊によってわたくしたちのうちに具わる気質のことで、それは神の国を待ちつつ絶えず神の国に向かって歩もうとするキリスト者の人格の根底となっている性質です。繰り返しますが霊性は聖霊の働きにより私たちのうちに創られます。また、霊性が培われることを「涵養」と言い表します。それは降り注いだ雨が土の中に浸透していき、帯水層をなし、地下水となって。ついには地表を潤すように。長い時間をかけて培われることを言い表しています。霊性は、そのようにして私たちのうちに醸成され、神の国を待ちつつ神の国へと向かう歩みを牽引することとなります。霊性の涵養こそ「教会人」を育て「聖なる者の僕」を育む要点と言えましょう。神を礼拝し御言葉に聞き、讃美しつつともに教会形成のために、また宣教のために労する不断の営みをとおして霊性は培かわれます。
マルチン・ルターの言葉として伝わっていますが、「たとえ明日世界が滅びることを知ったとしても、私は今日りんごの苗木を植える」という言葉があります。昨今、私自身が終わりを自覚するようになったからでしょうか、この言葉に惹かれています。その意味するところは黙示録的な文脈のもとで理解できると言われます。世界が滅びるとは困難や苦難を伴う終末を意識した表現ですが、しかし、神が新しい天と新しい地とをもたらしてくださるという希望がたたえられています。つまり、どのようなときにも、世界と私たち自身に根ざすことによって希望を持つことも失望することもせず、神の国と神の義とを求め、1日1日の労苦にあずかるということです。神はキリストの十字架において恵み深くいてくださいました。ご自身を義とされたのでした。そのことを覚え、恵みののもとに苗木を植える(十字架の福音のもとに立つ)ということです。関連しますが「いつも海の上に帆をはって、心を港につないでおかない。」という言葉もあます。神の恵みという大海に心の帆をはって、自分という港にそれを決してつながない。私たちはそのようにして自由において生きるのだと思います。
さて、分区の課題は多々ありますが、良き志を与えられ、主にある交わりを豊かなものとなし、必要なそして役に立つツールにも習熟し、事柄にじっくりと取り組むことができる環境を整えること。そのことも重要な検討課題となりましょう。西静分区に連なってよかったと皆が喜び合える分区として成長させていただきたいと願います。