譬話につて

イエスさまはしばしば譬えでお話になりましたが、水曜日の聖書の黙想と祈りの会では、このところマタイによる福音書の譬え話を取り上げています。
譬えとはなんでしょうか。そのことをお話したいと思います
一般に譬えは例話であると考えられているかもしれません。例話とは難しい真理をやさしく印象深く伝えるために、具体的で身近なお話に置き換えることです。例えば落語はその一例です。落語は昔の僧侶の辻説法に起源があると言われています。まず「まくら」では、仏法の深遠な教えが提示され、続いて、愉快なあるいは心にしみいる「お話」があり、最後に「おち」で締めくくられます。説法に引き込まれ、それを聞き終わると、深遠な仏法が心におさまり、納得するに至ります。辻説法のあるいは落語の「お話」が例話にあたります。イエスさまは無学な漁師たちに聖書の真理を解きほぐして印象深くお話になった、それが譬えであると一般にはそう考えられているのです。
そのような一面が確かにありますが、譬えは例話以上のものです。旧約聖書にも新約聖書にも多種多様な譬えが見られます。ヘブル語ではマーシャールと呼ばれます。謎の言葉です。ギリシャ語ではパラボレーで、英語のパラブルはこれに由来しています。パラとは傍にという意味で、傍に置くあるいは投げるというのがその意味です。
目に見えない真理や説明しきれない事実に目を開かせるためにその傍に置かれた話、それが譬えです。イエスさまは譬えで神の国についてお語りになりました。最近の聖書の研究者は譬え話の根っこには隠喩とと呼ばれる特殊な言葉の彩が観察されると言っています。そのことは、改めていつかご紹介しますが、隠喩は説明するのではなく、開示する言葉です。その顕著な特徴は歪みです。不合理なこと、不自然さがあるということです。その歪みが重要で意味深いと言われます。開示する力が宿っている。ですから
譬え話を読むときには、譬え話の中に見られる歪み(しばしば合理化されてしまいますが)に着目して味うと良いと言われるようになりました。参考にしていただければ幸いです。