7月29日週報4面です

25日の黙想と祈りの会で読んだのはマタイ福音書18章1節以下でした。次のようなイエス様の言葉が記されていました。

『1そのとき、弟子たちがイエスのところに来て、「いったいだれが、天の国でいちばん偉いのでしょうか」と言った。

2 そこで、イエスは一人の子供を呼び寄せ、彼らの中に立たせて、

3 言われた。「はっきり言っておく。心を入れ替えて子供のようにならなければ、決して天の国に入ることはできない。

4 自分を低くして、この子供のようになる人が、天の国でいちばん偉いのだ。

5 わたしの名のためにこのような一人の子供を受け入れる者は、わたしを受け入れるのである。」』

難しい言葉は一つもありませんが、それだからでしょうか、厳密に理解したいと思うと、重要な言葉の意味が曖昧に感じられてきます。それで、この言葉を心にとめる人は、いろいろなことを考え始めるのではないかと思います。偉いと言うことの価値や評価。子供の良さとは何か。子供を受け入れるとはどう言うことか。等々です。これらをイエス様の言葉とともに思いめぐらしはじめます。黙想と祈りの会でもそうでした。そして和やかな中にも、日々の生活で感じるいろいろなことが話題に上りました。黙想の楽しさを味わうひと時でした。

     それはそれとして、言葉を詮索してみました。「一番偉い」と訳されているのはμέγας(メガ「大きい」)と言う語の比較級μειζωνで、ここでは、具体的に何と何が比較されているというわけではないので最上級(一番偉い、あるいは大きい)と訳されるようです。マタイ福音書にはこの「大きいー小さい」を巡って交わされるイエス様の興味深いお言葉がいくつも記されています。

    次に「子供」ですが、辞書には性別による区別が生じていない幼い子供と書かれています。幼稚園児のように、まだ、区別や優劣が意識されない幼子ということでしょうか。

少しでもイエス様のお言葉がクリアーになれば良いのですが。