機関紙原稿の下書きを推敲しました

超高齢化と5G回線時代の教会

2019年は5G回線活用元年になることでしょう。無線WiFiが飛躍的に向上するようです。思い起こせば私がインターネットに触れるようになったのは1995年、アナログの電話回線によってでした。それからわずか20数年後の今、光ファイバーや無線4G 回線により、インターネットによるコミュニケーションがPCやタブレット、スマホの進化と相まってたいへん身近なものになり、私たちの生活に無くてならないものとなっています。そして更に5G回線です。生活の仕方に大きな変化がもたらされようとしています。

私は比較的早くPCに慣れ親しむようになり、インターネットともお付き合いしてきました。教会では当初はメール利用やHPの作成表示程度でしたが、今はもっと手の込んだ幅広いものとなり、FacebookやTwitterなどのSNS,そしてブログ等を組み合わせて牧会伝道のためのツールとして活用する時代となりました。文字のみならず、画像や音声や動画も取り込むという次第です。米国のある教派では5G回線時代を見据えてのことでしょうかVRの活用も視野に入れているとのこと。私の想像をはるかに超えています。

余談ですが、私の祖父は伝道者でしたが電話が一般に普及し始めた頃、教会にも導入したらどうかという意見に反対して、「連絡すべきことがあれば訪問すべきである。教会では訪問が大事である。」と言って頑と拒否しました。今では笑い話ですが、しかし、インターネットに関してはどうでしょう。抵抗感と警戒感があってせいぜいHP程度にという教会が少なくないと思います。しかし、かつての電話と同様に好むと好まざるとに関わらず、インターネット環境とその運用は誰にとっても身近なものとなり、教会においても重要なツールとして用いられるようになっています。同時に、それはありとあらゆる情報が渦巻くネット社会の危うさを背負うということでもありますから賢さが求められますし、ある意味、従来の教会文化が変化することをも意味しています。

私がネットを牧会と伝道のツールとして有効活用したいと思い、その思いがかつてよりいっそう強くなったのは、一昨年、脳出血に伴って左半身麻痺となり身体的に不自由を抱えるようになったからでした。自由に動き回れないのです。それで、入院当初から今に至るまでネットとタブレットが主な情報の収集と発信、つまり外の世界との交流に無くてならないツールとなりました。これは特殊事情ではないと思います。超高齢化社会をむかえて、様々な事情で私のような生活を余儀なくされる方々が今よりも多くなることでありましょう。しかし、スマホやタブレットに慣れ親しむことができれば、インターネットによって交わりを結び、社会的な交流を保つことが可能です。教会員の高齢化が進んでいる教会においても同様で、教会の交わりが保たれます。そういうわけですから、超高齢化と5G回線時代に、教会生活に関して、また伝道の取り組みについて新たなあり方が模索されなければならないと思います。

身近な取り組みと遠大な目当て

ところで、インターネットを用いて何が出来るのでしょうか。「道具は使ってみて、はじめてその使い方が分かる」と言われますが、その通りだと思います。東京信徒会が昨年、Twitterを伝道に活かすための講習会を開いたと伺いました。多くの方々がTwitterを利用するようになったからこそそのような取り組みが生まれたと言えましょう。Twitterは確かに広く用いられており、手軽さが重宝されています。私もその活用方法を模索して、ある試みを始めています。そのことについては別の機会に書かせていただきたいと思います。ここではTwitter やFacebookに代表されるSNSに慣れること、それを教会の交わりに用いることの意義について一言だけ申し上げます。

手始めにTwitterを

教会の交わりのためにインターネットを活用するには、皆さんにこの道具(ツール)に慣れていただく必要があります。そのための手段としてSNS(ソーシャルネットワークサービス)の一つであるTwitter は有効です。教会内の交わりにおいてもTwitterを用いるようにしたらた良いと思います。

SNSが今日のネット社会形成に果たした役割は大きなもので、今も変わることはありません。SNSってなに?Facebookって、Twitterって?と戸惑いつつおそるおそる近づいていった頃が懐かしく思い起こされます。そして、あっと言う間にその波に乗り込まれ、時には気分を害することもありますが、楽しむようになりました。SNSの急速な広がりに伴い、現在のインターネット文化が培かわれてきています。このSNSにおいて大切なことは、一人一人が良質な情報提供者となるということです。一見、下品で悪意のある劣悪な情報が無責任に流れ、渦巻いていると思われがちですが、必ずしもそうではありませんで、多くの良い情報に出会います。そして、実は、良い情報を求めている人たちが少なくありません。つまり、良質な情報を人は求めています。情報の質とは表現の仕方、そこに表れる感性を含みます。ネット上とは言え、大げさに言うと良いコミュニティー、人間と人間との真摯な交わりが期待されていると思います。そして、SNSによる影響感化は大きく、人間の生き方や社会のありように大きな影響を与えてもいます。

教会においてインターネットを介して良い交わりが生まれ、醸成されていくならば、その感化影響は大きいと思われます。福音を証する教会的な交わり、そのありようがSNSの世界にも待望されていると私は考えています。そして、高齢者であっても、身体が思うように動かなくてもこれに加わることができます。教会が独りよがりではない良質な情報を粘り強く提供し続けることができれば、社会的にも意義深いことだと思います。教会におけるネット上での交わりが培われ、醸成され、その交わりが広がっていくことを願っています。