ヤコブ書による受難節(明日の週報4面です)

1章5節で「あなたがたの中で知恵の欠けている人がいれば、だれにでも惜しみなくとがめだてしないでお与えになる神に願いなさい。そうすれば、与えられます。」と新しい小段落がこのように語り初められています。知恵とは「処世術に通じる賢さ」ではありません。生きぬく賢さ、術ではありすが、神の救いの御心に結ばれて知る賢さ、知恵のことです。

わたしたちは、わたしたちにとって何が救いなのか良く分からないのではないでしょうか。悲しみや喜び、愛や憎しみ、正しいと思うことや悪いと思うこと、いろいろなことが織り合わされ、編み込まれている世の中に身を置いて、何が救いであるのか良く分からないでいます。
聖書は、しかし、神様が独り子イエス・キリストをとおして救いの御心をあらわしてくださったと告げて、その御心に結ばれて知る知恵、賢さを備えてくださったと教えています。

ヤコブ書は 、その知恵を「惜しみなくとがめだてしないでお与えになる神に」願い求めなさいと語っています。

「惜しみなく」と訳されている元の語は、調べてみると「編む」という意味の語から組み立てられていることがわかります。その語は新約聖書に3回だけ用いられており、マタイ27章29節、マルコ15章17節、ヨハネ19章 2節です。いずれも「(いばらで冠が)編まれた」ことを伝え、惜しみなく与えてくださる神とは、いばらで編まれた冠を冠とされた独り子イエス・キリストの十字架において救いをこの世の中に織り込み、まことの知恵をお与えくださるお方であることを記念しています。