ネットでつなぐ聖書黙想

を企画しようと考え、取り組み始めました。 水曜日に行なっている聖書黙想と祈りの会のような交わりをインターネット上で持とうというものです。 普段、教会に集えない方、また、家にいるときも聖書の学びと祈りの時を持ちたいと願って...

8月5日週報4面です

創世記29-31章には叔父ラバンのもとでの過ごすヤコブの物語が記されていなす。来週、29章を取り上げますので、短く概要をご紹介します。夏休みの宿題ではありませんが、予習のつもりでお読みください。できれば聖書もお開きくださ...

7月29日週報4面です

25日の黙想と祈りの会で読んだのはマタイ福音書18章1節以下でした。次のようなイエス様の言葉が記されていました。 『1そのとき、弟子たちがイエスのところに来て、「いったいだれが、天の国でいちばん偉いのでしょうか」と言った...

譬話につて

イエスさまはしばしば譬えでお話になりましたが、水曜日の聖書の黙想と祈りの会では、このところマタイによる福音書の譬え話を取り上げています。 譬えとはなんでしょうか。そのことをお話したいと思います 一般に譬えは例話であると考...

2月18日の週報四面です

最近はすっかりiPadで聖書を読むようになりました。入院して以来のことです。口語訳聖書は多くありますが新共同訳聖書を読むことのできるアプリは少ないです。それでも、2つのアプリを見つけて使っています。そのうちの一つは、英語...

牧師の宿題、その答え

2月7日(水)の聖書を読み祈る会ではマタイによる福音書9章9節から13節を取り上げて短く黙想をしました。 この箇所は徴税人であったマタイが主イエスの弟子とされた話です。黙想の後で、分かりにくかったことについて話し合いまし...

パイロット版を手にして

本日、Facebookに投稿した文章をここに載せます。なお、ハイム・ラビン著「ヘブライ語小史」の紹介を私の個人ブログに少しづつ投稿しています。下記に引用した一節が記載されている章にいたっています。バビロン捕囚が終わった時...

失われた動詞の態「中動態」

古典ギリシャ語(聖書のコイネーギリシャ語も同様ですが)には、動詞に能動態、受動態の他に一般に中動態と呼ばれている態がありました。(英語でmiddle voice)。能動でも受動でもない人間の動作の性格・有りようを表現しま...