ピーテル・ブリューゲル(1525-1569)の作品「ベツレヘムの人口調査」

この絵は表題がなければ、何を描いているのか全く見当がつきません。画家が住まうフランドル地方の寒村の一風景、質素な人々の日常の暮らしぶりのように思われます。しかし、実は、その見当のつかないというのが、画家の狙いであったと言...

非神話化

13日の「おとなの分級」で『非神話化』という言葉を使いました。半分肯定しつつ、半分は否定しつつ用いたつもりですが、十分にご説明できず、何のことだろうと戸惑われた方がおられたかと思います。 初めてその言葉を耳にしたのは48...

13日の週報4面です

聖書を読み祈る会の学びから 11月9日(水)の学びは使徒言行録5章17-26節でした。おわかりのように、少しずつ読み進んでいます。 5章は使徒たちが不思議な御業を行い、主イエス・キリストの御名を宣べ伝えて、人々から称賛さ...

戸惑うのは当然ですね

エレミヤ書を読んで(他の預言書も同じですが)、私たちが戸惑うことの一つは、時の流れに沿って預言の言葉が並べられていない、そう感じられることではないかと思います。 6日のおとなの分級では、新しい契約を告げる言葉(30、31...