感謝のご報告

Posted by harimako1 on 4月 09, 2019
お知らせ / 感謝のご報告 はコメントを受け付けていません。

長老会神学大学への2018年度の納付金400万円(40697440ウォン)をお納めすることができました。皆様の祈りと献金を感謝いたします。2018年度の会計報告は追ってさせていただきます。少しお待ちください。(会計/田中)

新会堂での日本語礼拝

Posted by harimako1 on 3月 27, 2019
お知らせ, セムナン教会 / 新会堂での日本語礼拝 はコメントを受け付けていません。

森下先生の投稿をご紹介します。https://www.facebook.com/100000501309044/posts/2664410103585674?sfns=mo

Nagune会さんの投稿 2019年3月26日火曜日

便り:長神大、灰の水曜日礼拝

Posted by harimako1 on 3月 12, 2019
お知らせ / 便り:長神大、灰の水曜日礼拝 はコメントを受け付けていません。

長神大、灰の水曜日礼拝。ナグネ宣教師からの便りです。ご紹介いたします。(世話人:張田)受難節の歩みの中にあります。去る3月6日(水)、長神大の全学礼拝は「灰の水曜日, Ash…

Nagune会さんの投稿 2019年3月11日月曜日

セムナン教会新聖堂と日本語礼拝:森下伝道師より

Posted by harimako1 on 3月 10, 2019
お知らせ / セムナン教会新聖堂と日本語礼拝:森下伝道師より はコメントを受け付けていません。

森下伝道師からの便りです。セムナン教会新聖堂についてのレポートです。(世話人:張田)2019年3月10日午前10時過ぎ、アンダーウッド教育館地下3階での日本語礼拝を終えた信徒有志と共に、来週には礼拝を始める新会堂ビルの見学を行なった。…

Nagune会さんの投稿 2019年3月10日日曜日

ナグネ宣教師からの便り

Posted by harimako1 on 3月 01, 2019
便り, 日韓交流 / ナグネ宣教師からの便り はコメントを受け付けていません。

 

3.1運動100周年に際して、ナグネ宣教師からの便りです本日、韓国は3.1独立運動100周年を迎えました。町のあちらこちらに太極旗がはためいています。山の上の我が家には、「マンセー(万歳)」との雄叫びが地響きのように聞こえてきます。景福…

Nagune会さんの投稿 2019年3月1日金曜日

ご報告

Posted by harimako1 on 2月 28, 2019
お知らせ, セムナン教会 / ご報告 はコメントを受け付けていません。

 

代表世話人の岸憲秀牧師からの報告です。写真が届きましたら、改めて投稿します。(張田)2…

Nagune会さんの投稿 2019年2月27日水曜日

便り:長神大卒業感謝礼拝と入学感謝礼拝

Posted by harimako1 on 2月 27, 2019
便り, 長老会神学大学校 / 便り:長神大卒業感謝礼拝と入学感謝礼拝 はコメントを受け付けていません。

ナグネ会Facebookへの投稿です。ご覧ください。

ナグネ宣教師からの便りソウルの気温もだいぶ和らいできました(今5℃)。ところで、去る2月14日は長神大で卒業感謝礼拝があり、昨日26日には入学感謝礼拝がありましたので、ご報告します。今年の卒業生数は、神学に限った場合、学部(Th.B….

Nagune会さんの投稿 2019年2月26日火曜日

ナグネ宣教師、長居教会と横浜指路教会で奉仕

Posted by harimako1 on 1月 30, 2019
便り / ナグネ宣教師、長居教会と横浜指路教会で奉仕 はコメントを受け付けていません。
昨年12月に長居教会で、今年1月には横浜指路教会で説教と講演のご奉仕をされました。ナグネ宣教師による報告です。
長居教会
2018年12月16日、アドヴェント第3主日礼拝に大阪の長居教会(村上修平牧師、朴志暎牧師)で奉仕しました。
20年ぶりの再訪でした。長居伝道所時代、私も一年間生活した旧会堂・牧師館は大きくすばらしい建物へと変わっていましたが、礼拝堂内の家具類は以前のものがそのまま使われており、さまざまな思いで胸が一杯となりました。かつて共に信仰生活を守り、お支えいただいた兄弟姉妹たちとの再会もかない、ただただ感謝と感激の時となりました。今後の交流を約束し、長居を後にしました。
横浜指路教会
2019年1月13日の主日、昨年1月に引き続き横浜指路教会(藤掛順一牧師、乾元美伝道師)からのお招きにあずかり、午前の礼拝説教と午後の教会全体修養会での奉仕をして来ました。講演の中身は「聖霊に満たされる喜びに生きる教会」、2018年度の横浜指路教会の標語です。もっとも、今回私に与えられた課題は講演することではなく、昨年1月の講演に対して出された信徒の皆さまからの質問にお答えすることでした。予め文書にてソウルに送られてきた質問は全部で30、それら一つ一つが、どれも一回の講演題にし得るほど重いものでした。間に休憩を挟んだ三時間余り、しゃべり続けた修養会となりました。午前の礼拝から終わりまで参加された皆様は、さぞお疲れになったことと思います。質疑応答よりは講演の方がはるかに荷が軽いということを思いながらも、同時に、教会修養会では講演のようなものよりも質疑応答の方がはるかに意義深く、教会のためになるのではないか、との思いをいよいよ強くしました。
以上ですが、Facebookに写真を載せましたの下記をごらんください。(紹介者は世話人の張田)

 

ナグネ宣教師より久しぶりに便りをご紹介します。ソウルは極寒だそうです。もうすぐ旧正月でしょうか。「寒いです。室内の温度は11℃をさしています。毛布でぐるぐる巻きにして固まってます。」とのこと。かつて、当時のナグネ教団教師が渡韓直後に一家四…

Nagune会さんの投稿 2019年1月30日水曜日

会計報告と献金のお願い

Posted by harimako1 on 12月 15, 2018
お知らせ / 会計報告と献金のお願い はコメントを受け付けていません。

ナグネ会(洛雲海宣教師を支える会)から報告とお願い

主の御名を崇めます。
日本基督教団から始めて韓国に宣教師として派遣された洛雲海(ナグネ)宣教師は、長老会神学大学の教師として伝道者育成と宣教に励んでおいでです。このグローバルな時代、しかも、聖俗共に注目すべき韓国において、日本人の伝道者が活躍することは、大きなことです。今後とも皆さまのお支えの中で、ナグネ宣教師のために祈りを篤くしたいものです。

【洛雲海宣教師の派遣について】
今までの教団の宣教師派遣は、現地の日本人教会の招聘を受けての派遣でありました。それに対して、洛雲海宣教師の派遣は、韓国の神学校において神学教師として、韓国人牧師を生み出すための働きです。そこで、支える会の働きも、神学教師が伝道者育成のために充分な働きをするための働きとされています。そのため、支える会として、長老会神学大学との約束に基づき、人件費の半分を応援し、且つ、彼ら一家の住居を確保しています(借家。韓国では月々の支払いではなく、契約時に多額の支払いをするチョンセと呼ばれる方式になっています)。
これらの必要を満たすため、皆さまのご協力が不可欠です。また、委員会では韓国にも事務局支部(セムナン教会の若い方たち)を設置し、利息のいい、韓国の銀行に口座を設けて皆さまの献金がよりよく運用されるように努力しています。

【お願い】
今年度も、昨年度同様、ナグネ会の働きのために献金をお願いします。具体的には洛雲海宣教師の人件費の半額分として長老会神学大学に送金するためです。この人件費には控除される諸費用も含まれておりますので、すべてが彼の手に支給されているわけではありません。また、セムナン教会日本語礼拝には、謝儀はなく、まったくの奉仕でなされておりますことをご留意ください。

 

今年度目標額 400万円 (円安の影響でウォン換算が悪いため)
新口座番号 00220-2-105554 (2018/9/1より新しくなりました)

 

2018年12月
「ナグネ会」世話人会
代表世話人 米倉美佐男、張田  眞、岸  憲秀
大住 雄一、小泉  健、田中かおる

 

献金のお願いと会計状況報告をさせていただきます。恐縮ですが添付の文書画像をご覧ください。

Nagune会さんの投稿 2018年12月14日金曜日

献金のお願い

Posted by harimako1 on 12月 15, 2018
お知らせ, 感謝 / 献金のお願い はコメントを受け付けていません。