ナグネ宣教師からの便り 仙台で奉仕

Posted by harimako1 on 10月 27, 2016
便り, 日韓交流

去る9月20日~22日、仙台で開催された「日本カール・バルト協会と日本ボンヘッファー研究会」による研修会に、韓国のバルト研究者たち三名と共に参加しました。本研修会にはドイツのヴッパータール神学大学名誉教授のB・クラッパートが招かれ、彼による講演を軸に会は進められました。質疑応答も活発になされ、静かな中にも熱さの感じられる会合でした。韓国からの参加者は、前韓国カール・バルト学会会長で現韓国組織神学会会長のキム・ジェジン(金在鎭)教授を始めとしナグネを含めた四名です。今回の研修会への参加は、韓国のバルト研究者たちと日本のバルト研究者たちとの交流を願う韓国側からの要請を受けたナグネが、日本カール・バルト協会会長の佐藤司郎教授にご相談し、参加への御快諾を受けてかなったことでした。バルト研究者たちによる今後の日韓交流が期待されます。

b%e3%83%bb%e3%82%af%e3%83%a9%e3%83%83%e3%83%91%e3%83%bc%e3%83%88%e6%95%99%e6%8e%88%e3%81%a8%e3%83%8a%e3%82%b0%e3%83%8d-1%e6%97%a5%e6%9c%ac%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%bb%e3%83%90%e3%83%ab%e3%83%88%e5%8d%94%e4%bc%9a%e3%81%a8%e6%97%a5%e6%9c%ac%e3%83%9c%e3%83%b3%e3%83%98%e3%83%83%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%bc%e7%a0%94%e9%9f%93%e5%9b%bd%e7%b5%84%e7%b9%94%e7%a5%9e%e5%ad%a6%e4%bc%9a%e4%bc%9a%e9%95%b7%e3%81%ae%e3%82%ad%e3%83%a0%e3%83%bb%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%82%b8%e3%83%b3%e6%95%99%e6%8e%88%e3%81%a8%e3%83%8a%e3%82%b0

写真は、左はクラッパート教授とナグネ宣教師、中は佐藤司郎教授と韓国からの出席者4名、右はキム・ジェジン教授とナグネ宣教師です。

Comments are closed.