ナグネ宣教師からの便り、長神大とセムナン教会のこと

Posted by harimako1 on 10月 05, 2017
セムナン教会, 便り, 長老会神学大学校

秋の長神大は連日国際学術関連の行事が続いています。あまりにも多すぎて、一つひとつが薄まっている感さえします。セムナン教会は去る24日に創立130周年を迎え、形の上では9月より赴任された主任担任牧師(イ・サンハク牧師)が初の主日礼拝で説教をされました。しかし、次の説教は来年の1月最初の主日から。そんな状況です。*注へ

注)来年一月までは準備期間だそうです。過酷な執務が待っているのでしょう。(張田)

Comments are closed.