ナグネ宣教師、長居教会と横浜指路教会で奉仕

Posted by harimako1 on 1月 30, 2019
便り
昨年12月に長居教会で、今年1月には横浜指路教会で説教と講演のご奉仕をされました。ナグネ宣教師による報告です。
長居教会
2018年12月16日、アドヴェント第3主日礼拝に大阪の長居教会(村上修平牧師、朴志暎牧師)で奉仕しました。
20年ぶりの再訪でした。長居伝道所時代、私も一年間生活した旧会堂・牧師館は大きくすばらしい建物へと変わっていましたが、礼拝堂内の家具類は以前のものがそのまま使われており、さまざまな思いで胸が一杯となりました。かつて共に信仰生活を守り、お支えいただいた兄弟姉妹たちとの再会もかない、ただただ感謝と感激の時となりました。今後の交流を約束し、長居を後にしました。
横浜指路教会
2019年1月13日の主日、昨年1月に引き続き横浜指路教会(藤掛順一牧師、乾元美伝道師)からのお招きにあずかり、午前の礼拝説教と午後の教会全体修養会での奉仕をして来ました。講演の中身は「聖霊に満たされる喜びに生きる教会」、2018年度の横浜指路教会の標語です。もっとも、今回私に与えられた課題は講演することではなく、昨年1月の講演に対して出された信徒の皆さまからの質問にお答えすることでした。予め文書にてソウルに送られてきた質問は全部で30、それら一つ一つが、どれも一回の講演題にし得るほど重いものでした。間に休憩を挟んだ三時間余り、しゃべり続けた修養会となりました。午前の礼拝から終わりまで参加された皆様は、さぞお疲れになったことと思います。質疑応答よりは講演の方がはるかに荷が軽いということを思いながらも、同時に、教会修養会では講演のようなものよりも質疑応答の方がはるかに意義深く、教会のためになるのではないか、との思いをいよいよ強くしました。
以上ですが、Facebookに写真を載せましたの下記をごらんください。(紹介者は世話人の張田)

 

ナグネ宣教師より久しぶりに便りをご紹介します。ソウルは極寒だそうです。もうすぐ旧正月でしょうか。「寒いです。室内の温度は11℃をさしています。毛布でぐるぐる巻きにして固まってます。」とのこと。かつて、当時のナグネ教団教師が渡韓直後に一家四…

Nagune会さんの投稿 2019年1月30日水曜日

Comments are closed.