日韓交流

ナグネ宣教師、浜松でご奉仕くださる。ohn神学のことも。

Posted by harimako1 on 10月 22, 2018
お知らせ, 日韓交流, 韓国教会 / No Comments

10月14、15日の二日間、日本キリスト教団派遣宣教師で韓国長老会神学大学校で教鞭をとっておられるナグネ(洛雲海)准教授を迎え、浜松元城教会主日礼拝、浜松教会での講演会、東海教区西静分区教師研修会がもたれ、有意義な時を過ごすことができました。

その折に、ご自身も深く関わっておられるohn神学のことをお聞きすることができました。韓国のキリスト教事情を背景に生起した神学ムーブメントです。それは私たち日本基督教団の閉塞状況を克服するという観点からも有意義なムーブメントではないだろうかというのがナグネ宣教師のお考えでした。

詳しくここではご紹介できませんが、キリスト教界が一つの樹木であるとすれば、根を深く広くはり、幹の太い、枝を大きく広くのばして、生き生きと堂々とした大樹であるように、そのために神学が役割を果たし牽引しようとする神学ムーブメントのようです。

ohnとは韓国語で完全なとか、全体的・総体的なとか、丸く欠けのないと言った意味のようです。キリスト教界が神学的に、あるいは宣教論と実践において、ややもすると分裂し、それぞれに偏りを生じさせており、その多様性が必ずしも豊かであるとは言えず、硬直し枯渇しかねないという危惧があるわけですが、そうではなくてohnを目指して神学的な実のある対話、議論を喚起していこうということのようです。

大変なエネルギーを必要とすると思いますが、精力的に取り組もうとしています。現状は、その対話と議論の場、土俵作りですね、その段階のようです。なんだ、と思わないでください。土俵作りの議論も神学的に大変な作業だと思いますし、そこからすでにohn神学ムーブメントの重要な議論が始まっているとも言えましょう。

期待したいと思います。報告者は概ね賛同します。

14日(日)ナグネ宣教師を迎えて浜松元城教会では主日礼拝を守りました。

Nagune会さんの投稿 2018年10月14日日曜日

東海教区西静分区教師会の研修会でナグネ宣教師が奉仕されました。会場は遠州教会です。

Nagune会さんの投稿 2018年10月15日月曜日

 

(報告:張田眞)

思い出

Posted by harimako1 on 3月 06, 2018
セムナン教会, 日韓交流 / No Comments

2007年にセムナン教会のハンギリム讃美隊が讃美伝道のために来日しました。10日間の滞在でしたが、その間、東京の教会でまた青山学院大学や東洋英和女学院、甲府の教会や山梨英和でコンサートや礼拝での讃美、交流の良き機会を与えられたことでした。…

Nagune会さんの投稿 2018年3月6日(火)

クリスマス・トラクト

Posted by harimako1 on 11月 02, 2016
お知らせ, 日韓交流, 活動報告 / No Comments

「クリスマス・トラクト」が「いのちのことば社」から刊行されました。これはナグネ宣教師の宣教・伝道活動の具体的形のひとつです。

もっともっと書きたいことはあったということですが、トラクトなので大幅に割愛したとか。とにかく「伝道」の進展を願っておられます。皆様の教会でも個人でも、お用いください。

ワンセット50部1000円(一部20円)、ご注文は「いのちのことば社」です。お祈りをお願いいたします。(張田眞)

 

%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%83%bb%e3%83%88%e3%83%a9%e3%82%af%e3%83%88-2016-%e3%83%8a%e3%82%b0%e3%83%8d-1

Continue reading…

ナグネ宣教師からの便り 高松で奉仕

Posted by harimako1 on 10月 27, 2016
便り, 日韓交流 / No Comments

10月16日(日)~17日(月)、高松へ招かれ、講演旅行をしてまいりました。

16日は高松教会にて主日礼拝での説教奉仕をし、午後は講演会に臨みました。演題は「韓国教会の状況と伝道」です。

17日は同じく高松教会を会場に開催された「日本基督教団四国教区宣教協力委員会と在日大韓基督教会新居浜グレース教会との合同シンポジウム」にて、午前と午後、二回の講演に臨みました。演題は「共に生きつつ」です。

今年で33回目を迎えた合同シンポジウムは、今年新築された高松教会(村上貴志牧師が主任担任)の、木の香りも真新しい礼拝堂で開催され、26教会から教役者と信徒の方々57名がお集まりになりました。四国の地で伝道牧会に励む先生方や信仰生活に励む信徒の方々の姿に触れ、私は深く感銘を受けましたし、互いに仲良く交流を続けて来られた様子から大きな励ましと力をいただきました。中でも、在日の新居浜グレース教会を牧会される安辰男牧師は、ナグネも留学生として学び、現在は教員として働く長老会神学大学校の御出身から同窓であることが分かり、息投合したことでした。

 

20161017-1-%e5%9b%9b%e5%9b%bd%e6%95%99%e5%8c%ba%e3%83%bb%e5%9c%a8%e6%97%a5%e5%a4%a7%e9%9f%93%e5%9f%ba%e7%9d%a3%e6%95%99%e4%bc%9a%e6%96%b0%e5%b1%85%e6%b5%9c%e3%82%b0%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%82%b9%e6%95%9920161017-2-%e5%9b%9b%e5%9b%bd%e6%95%99%e5%8c%ba%e3%83%bb%e5%9c%a8%e6%97%a5%e5%a4%a7%e9%9f%93%e5%9f%ba%e7%9d%a3%e6%95%99%e4%bc%9a%e6%96%b0%e5%b1%85%e6%b5%9c%e3%82%b0%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%82%b9%e6%95%99

ナグネ宣教師からの便り 仙台で奉仕

Posted by harimako1 on 10月 27, 2016
便り, 日韓交流 / No Comments

去る9月20日~22日、仙台で開催された「日本カール・バルト協会と日本ボンヘッファー研究会」による研修会に、韓国のバルト研究者たち三名と共に参加しました。本研修会にはドイツのヴッパータール神学大学名誉教授のB・クラッパートが招かれ、彼による講演を軸に会は進められました。質疑応答も活発になされ、静かな中にも熱さの感じられる会合でした。韓国からの参加者は、前韓国カール・バルト学会会長で現韓国組織神学会会長のキム・ジェジン(金在鎭)教授を始めとしナグネを含めた四名です。今回の研修会への参加は、韓国のバルト研究者たちと日本のバルト研究者たちとの交流を願う韓国側からの要請を受けたナグネが、日本カール・バルト協会会長の佐藤司郎教授にご相談し、参加への御快諾を受けてかなったことでした。バルト研究者たちによる今後の日韓交流が期待されます。

b%e3%83%bb%e3%82%af%e3%83%a9%e3%83%83%e3%83%91%e3%83%bc%e3%83%88%e6%95%99%e6%8e%88%e3%81%a8%e3%83%8a%e3%82%b0%e3%83%8d-1%e6%97%a5%e6%9c%ac%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%bb%e3%83%90%e3%83%ab%e3%83%88%e5%8d%94%e4%bc%9a%e3%81%a8%e6%97%a5%e6%9c%ac%e3%83%9c%e3%83%b3%e3%83%98%e3%83%83%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%bc%e7%a0%94%e9%9f%93%e5%9b%bd%e7%b5%84%e7%b9%94%e7%a5%9e%e5%ad%a6%e4%bc%9a%e4%bc%9a%e9%95%b7%e3%81%ae%e3%82%ad%e3%83%a0%e3%83%bb%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%82%b8%e3%83%b3%e6%95%99%e6%8e%88%e3%81%a8%e3%83%8a%e3%82%b0

写真は、左はクラッパート教授とナグネ宣教師、中は佐藤司郎教授と韓国からの出席者4名、右はキム・ジェジン教授とナグネ宣教師です。

アンダーウッド学術講座2016

Posted by harimako1 on 10月 04, 2016
日韓交流, 活動報告 / No Comments

講師として奉仕された東京神学大学の小泉健先生から寄せられた報告です。


「セムナン教会のアンダーウッド学術講座に行ってきました。」

9月9日(金)~11日(日)、韓国・セムナン教会のアンダーウッド学術講座が行われました。

青年たちのために神学の学術的な講演が行われる会でしたが、イ・スヨン牧師の 祈りとご指導、そしてナグネ先生のお働きにより、韓国、中国、日本の青年が交わりをもち、語り合い、共に学ぶ場として成長してきました。

日本でのeAst21asiaもここから生まれてきたのでした。

今回の主題は「共に歩む東北アジアとキリスト者青年2 東北アジアの和睦 理解を越え共感へ」というものです。

第一のキーワードは「和睦」。第二のキーワードは「共感」です。

ナグネ宣教師からの便り

Posted by harimako1 on 10月 03, 2016
便り, 日韓交流 / No Comments

去る8月17日~19日、軽井沢の恵みシャレーで「全国教会青年同盟、中高生・青年、夏の献身修養会」が行われ、ナグネは講師(青年担当)として招かれました。主題は「キリストと教会に仕える」、台湾ユースミッションからの参加者も与えられ、会は恵みの内に閉じられました。

2016-08-18-%e8%bb%bd%e4%ba%95%e6%b2%a2%e5%85%a8%e5%9b%bd%e6%95%99%e4%bc%9a%e9%9d%92%e5%b9%b4%e5%90%8c%e7%9b%9f%e4%b8%ad%e9%ab%98%e7%94%9f%e3%83%bb%e9%9d%92%e5%b9%b4-%e5%a4%8f%e3%81%ae%e7%8c%ae

2016-08-19-%e8%bb%bd%e4%ba%95%e6%b2%a2%e5%85%a8%e5%9b%bd%e6%95%99%e4%bc%9a%e9%9d%92%e5%b9%b4%e5%90%8c%e7%9b%9f%e4%b8%ad%e9%ab%98%e7%94%9f%e3%83%bb%e9%9d%92%e5%b9%b4-%e5%a4%8f%e3%81%ae%e7%8c%ae

ナグネからの便り:「関東改革長老教会協議会研修会」

Posted by harimako1 on 7月 06, 2016
便り, 日韓交流 / No Comments

去る6月26日(日)の午後、日本基督教団の関東改革長老教会協議会研修会からお招きを受け、講演をしました。会場は埼玉県上尾市の上尾合同教会(秋山徹牧師)、講演題は「韓国長老教会の礼拝 ー礼拝の霊性についてー」。拙い講演でしたが、お集まりくださった皆さんは真剣にお聴きくださいました。なお、7月1日(金)には、聖学院大学総合研究所主催の研究会にて、「2015 長老会神学大学校神学声明について」という主題での講演もしました。

20160626 関東改革長老教会協議会研修会 於上尾合同教会

任期更新

ナグネ宣教師の任期更新が確定し、約定式が行われました。
6月23日(木)午後4時、PCK総会事務所総会長室において、長老会神学大学校のキム・ドイル対外協力処長の司会のもと、ナグネ宣教師任期更新契約の約定式が行われました。PCKからチェ・ヨンナム総会長、長神大からキム・ミョンヨン総長、セムナン教会からイ・スヨン主任担任牧師、教団から石橋秀雄議長とNAGUNEKAIから米倉美佐男教団宣教委員会委員長が、それぞれ約定書に署名の上、約定書の交換が行われました。

DSC_1428b
秋山徹世界宣教委員会委員長とナグネ会世話人の岸憲秀韓国教会宣教協約委員長と張田眞牧師が同席しました。

DSC_1436b
写真は、PCK総会総会長室での約定式のようすです。

ナグネからの便り:日中韓、青年ワークショップ

Posted by harimako1 on 5月 29, 2016
便り, 日韓交流 / No Comments

アンダーウッド学術講座とeAst21asiaのワークショップ

ソウルのセムナン教会では、5月27日(金)~28日(土)に韓中日の青年キリスト者たちによるワークショップが行われました。これは9月にソウルで開催されるアンダーウッド学術講座と10月に東京で開催されるeAst21asiaを準備する青年たちが集まって、討論やプレゼンテーションや食事などを通して交流を深め、今年の主題を共通のものとするために開かれたものです。日本からも9名の青年たちが集まりました。たった一泊二日の会合でしたが、交流の場は熱気に溢れ、内容も実に濃いものでした。今年のアンダーウッドとイーストが期待されます。

20160527 韓中日イーストアンダーウッド1

20160527 韓中日イーストアンダーウッド2