韓国教会

ナグネ宣教師、浜松でご奉仕くださる。ohn神学のことも。

Posted by harimako1 on 10月 22, 2018
お知らせ, 日韓交流, 韓国教会 / No Comments

10月14、15日の二日間、日本キリスト教団派遣宣教師で韓国長老会神学大学校で教鞭をとっておられるナグネ(洛雲海)准教授を迎え、浜松元城教会主日礼拝、浜松教会での講演会、東海教区西静分区教師研修会がもたれ、有意義な時を過ごすことができました。

その折に、ご自身も深く関わっておられるohn神学のことをお聞きすることができました。韓国のキリスト教事情を背景に生起した神学ムーブメントです。それは私たち日本基督教団の閉塞状況を克服するという観点からも有意義なムーブメントではないだろうかというのがナグネ宣教師のお考えでした。

詳しくここではご紹介できませんが、キリスト教界が一つの樹木であるとすれば、根を深く広くはり、幹の太い、枝を大きく広くのばして、生き生きと堂々とした大樹であるように、そのために神学が役割を果たし牽引しようとする神学ムーブメントのようです。

ohnとは韓国語で完全なとか、全体的・総体的なとか、丸く欠けのないと言った意味のようです。キリスト教界が神学的に、あるいは宣教論と実践において、ややもすると分裂し、それぞれに偏りを生じさせており、その多様性が必ずしも豊かであるとは言えず、硬直し枯渇しかねないという危惧があるわけですが、そうではなくてohnを目指して神学的な実のある対話、議論を喚起していこうということのようです。

大変なエネルギーを必要とすると思いますが、精力的に取り組もうとしています。現状は、その対話と議論の場、土俵作りですね、その段階のようです。なんだ、と思わないでください。土俵作りの議論も神学的に大変な作業だと思いますし、そこからすでにohn神学ムーブメントの重要な議論が始まっているとも言えましょう。

期待したいと思います。報告者は概ね賛同します。

14日(日)ナグネ宣教師を迎えて浜松元城教会では主日礼拝を守りました。

Nagune会さんの投稿 2018年10月14日日曜日

東海教区西静分区教師会の研修会でナグネ宣教師が奉仕されました。会場は遠州教会です。

Nagune会さんの投稿 2018年10月15日月曜日

 

(報告:張田眞)

便りです

Posted by harimako1 on 6月 04, 2018
お知らせ, 便り, 韓国教会 / No Comments

5月31日、行ってきました。世界最大と言われるヨイド純福音教会の設立者チョー・ヨンギ牧師の牧会60周年を記念する「ヨンサン国際神学シンポジウム」です。場所は韓世大学校。ソウル郊外にあるキリスト教総合大学です。「なぜナグネがそこに招かれたの…

Nagune会さんの投稿 2018年6月4日(月)

ホットな便りです

Posted by harimako1 on 5月 28, 2018
セムナン教会, 便り, 長老会神学大学校, 韓国教会 / No Comments

ホットな便りです。上の写真は26日から開催されているセムナン教会主催アンダーウッド国際シンポジウムにおける3日連続の講演会。講演者はイェール大学のヴォルフ博士です。題は「道を失った世、道を探す教会」。下はナグネ宣教師の担当する神学大学院3年生のクラス(来春卒業予定)の面々との昼食会のようすです。なお、ナグネ宣教師は今週の木曜に「ヨンサン国際学術シンポジウム」において講演をいたします。(文責は世話人:張田)

Nagune会さんの投稿 2018年5月28日(月)

便り:仁川中会での按手礼

Posted by harimako1 on 4月 19, 2016
便り, 韓国教会 / No Comments

こんにちは。ナグネです。熊本地震のニュース、ソウルでも連日大きく報道されています。あの日本語礼拝の重鎮、李ユニさんは熊本大で学位を取られた方ですので、すぐにでも熊本に飛んで行きたいとおっしゃってました。さて、

今日は仁川(インチョン)中会の正教師按手礼がありました。ナグネの教え子で、親しい伝道師が受按するということで、インチョン市の教会まで行ってきました。

2016.04.19 12016.04.19 22016.04.19 3

受按者は10名、その内の9名が長老会神学大学校(PUTS)神学大学院の卒業生でした。イエス教長老会統合が直営する神学大学が全国に7校あることからすれば、仁川市の教会には長神大の卒業生が多く赴任していることが見えてきます。

按手礼の際、実際に按手するのは「按手委員」と呼ばれる牧師たちだけでした。彼らは中会議長を歴任した何人かの牧師たちと、伝道師が仕える教会の主任担任牧師たちです。ただし受按者の家族の中に牧師がいる場合には、その人の参与が呼びかけられていました。要するに、その場にいる牧師たちは皆参加するという形ではなかったわけです。ところが、何とナグネは按手に加わることになりました。写真はその時のものです。受按者の中には、神学大学院でナグネの講義を受講していた伝道師たちが何人もいました。彼らが正教師となって行きます。教団の宣教師として、韓国で自分が何をしていることか、その重みを再認識させられた出来事でした。

長老会神学大学校にて調印式が行われました

9月19日(月)午前9時、長老会神学大学総長室にて、ナグネ専任講師の任用(任期や給与負担などを含む)に関する調印式が行われました。

ナグネ専任講師の謝儀は大韓イエス教長老会セムナン教会とNAGUNE会で半分ずつ受け持つことになっていますので、その調印をいたしました。

長老会神学大学校からはジャン・ヨンイル総長他2名、セムナン教会のイ・スヨン牧師、日本側からは石橋秀雄教団議長、加藤誠世界宣教幹事、ナグネ会代表世話人の張田眞牧師と岸憲秀牧師が出席いたしました。